認定NPO法人制度における欠格事由

認定NPO法人制度における欠格事由とは、認定特定非営利活動法人(認定NPO法人)としての資格を欠く事由のことです。特定非営利活動法人(NPO法人)のうち以下に掲げる欠格事由に一つでも該当する法人は、認定NPO法人や仮認定NPO法人になるための認定仮認定または有効期間の更新を受けることができません。

 

1.NPO法人の役員の中に、次のいずれかに該当する者がある法人

(1)認定NPO法人の認定または仮認定NPO法人の仮認定が取り消され、その取り消しの原因となった事実のあった日以前1年内に当該法人の業務を行う理事であった者で、その取り消しの日から5年を経過していない者

(2)禁固以上の刑に処せられ、その執行が終わった日またはその執行を受けることがなくなった日から5年を経過しない者

(3)以下の法律等に違反する行為により、罰金の刑に処せられ、その執行が終わった日またはその執行を受けることがなくなった日から5年を経過しない者
 @特定非営利活動促進法の規定に違反したこと
 A暴力団員不当行為防止法の規定に違反したこと
 B刑法204条等の罪(注1)を犯したこと
 C暴力行為等処罰法の罪を犯したこと
 D国税若しくは地方税に関する法律に違反して、税を逃れ、納付せず若しくは還付を受け、若しくはこれらの違反行為をしようとすることに関する罪を定めた規定に違反したこと

(4)暴力団の構成員等
 @暴力団
 A暴力団の構成員(暴力団の構成団体の構成員を含む)若しくは暴力団の構成員でなくなった日から5年を経過しない者

2.認定または仮認定を取り消され、その取消しの日から5年を経過していない法人

3.定款または事業計画の内容が、法令や法令に基づいて行われる行政庁の処分に違反している法人

4.国税や地方税の滞納処分の執行がされている法人、または滞納処分終了の日から3年を経過していない法人

5.国税または地方税に係る重加算税等を課された日から3年を経過しない法人

6.暴力団、または暴力団若しくは暴力団構成員等の統制下にある法人

 

(注1)刑法204条等の罪とは、刑法204条(傷害)、206条(現場助勢)、208条(暴行)、208条の2(危険運転致死傷)、222条(脅迫)若しくは247条(背任)の罪のことを指します。

▲このページのトップに戻る