医療法人化のメリットとデメリットの検討

医療法人化には、メリットデメリットがありますので、十分な検討をして医療法人化を進めることが重要です。所得が少ないにも拘らず法人化をすると、デメリットの方が強く表れ、税制の恩恵を受けられず、また事務負担が増大するといった結果をもたらします。

医師または歯科医師が診療所を開業する場合には、まず、個人事業主として開業し、患者数が増加して経営が軌道に乗ってから、医療法人として法人成りするケースが多いです。

▲このページのトップに戻る